白髪.com TOP → 白髪を染めて対処する 仕上げシャンプー

仕上げシャンプー

白髪染めをした際には、最後にシャンプーなどを行います。これは大切な作業ですので、どのシャンプーでもいいわけではありません。

シャンプーは、染料を洗うためだでなく、色持ちを良くしたり、頭皮などのダメージを少なくするために行います。そのため、どのシャンプーでもいいわけでなく、さらに、それをしないことも髪の毛などにあまり良くないということになりますので、必ず行ってください。

髪染めには、アルカリ性の強い液体が使われております。アルカリ性の成分はキューティクルを開いて、中に色のもとである染料を浸透させるわけですが、この開いたキューティクルのままですと、髪の毛が引っかかり、切れ毛などになってしまう上に、せっかくしみ込ませた染料が流れ出やすい状況にもなってしまいます。

そのため、シャンプーで余分な染料を洗い流し、アルカリ性の成分を中和する必要があります。そしてその中和がうまくいくと、染料が定着し、髪染め効果が持続することになります。

さらに、頭皮などへのダメージを減らすためにも、シャンプーは大切です。頭皮の状態をケアしてくれます。通常のシャンプーには染料を落とす界面活性剤が使われており、染料が落ちてしまいがちです。

できれば、白髪染めの後は、カラー専用シャンプーを使うといいでしょう。極力時間をかけて、髪の毛をこすらずに元の弱酸性に髪の毛を戻していく必要があります。できればしばらくはカラー専用のシャンプーやコンディショナーを使いましょう。

白髪を染めて対処する

遺品整理 岐阜
遺品整理を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プラビックス
プラビックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!