白髪.com TOP → 白髪を染めて対処する 白髪とツボ

白髪とツボ

東洋医学ではツボは大切なコンセプトです。このツボは約1500程度体にあると言われています。そして間接的にツボを刺激することで、体の状態の改善などに利用できるといわれています。その中でも特に白髪に関係があるツボをご紹介したいと思います。

百会(ひゃくえ)というツボがあります。これは、耳たぶの上端を結んだ線と眉間やおへそを走る正中線の交差するところにある頭頂部のツボになります。多くの経路が会合するという意味をもっている百会は、刺激されると全身の血流を促進し、白髪だけでなく抜け毛の予防にもいいとされています。

百会を刺激する場合は、髪の毛ですべらないように両手で固定し、中指でゆっくり押します。両肘を開いて行うといいでしょう。こはだいたい1日に5回くらい繰り返す事をおすすめします。

湧泉(ゆうせん)というツボも白髪にいいとされています。足の裏にあるツボで、やや土踏まずより上にあるツボで、足の指を曲げるとへこむところにあります。湧泉の流れ道の流れが改善されると、血液の循環をよくし、冷え性を改善すると言われています。特にお風呂上がりに3秒押して、3秒離すといった動作を繰り返すことをおすすめします。

そして最後ですが、正営(しょうえい)というツボもあります。このツボは耳の真上と頭頂部を一点の線で結んだところの3等分したに下がったところにあります。だいたい頭の横上あたりにあります。これも頭皮の結構を促進したり、癌性披露や前頭痛などに効果的です。人差し指を使って、1日5回くらいを目安にマッサージすることをおすすめします。

白髪を染めて対処する

貸し会議室やトランクルームを大阪市で展開するリアライブ
http://www.rearlive.co.jp/

ダオニール
ダオニールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!