白髪.com TOP → 白髪を染めて対処する 白髪染めと肝臓

白髪染めと肝臓

髪染めを使うと肝臓に悪いという俗説もあります。髪の毛を染めて、頭皮が痛むのは、直接的に関係ありそうですが、肝臓といわれるとちょっとピンとこない方も多いのではないでしょうか。

実は白髪染めには1液と2液がありますが、この1液に含まれている原料で、パラフェニレンジアミンという成分がよく使われています。この成分は、PPDとも呼ばれていて、とても強い染色力をもっているため、よく白髪染めやカラーリングに使用されています。

しかし、同時に有害性があるともいわれている物質です。特にアレルギー体質の人が使用すると、アレルギー症状が現れたりしやすい物質です。例えば、頭皮のかぶれや湿疹、そしてひどいときには呼吸困難などになる方もいらっしゃいます。例えば、鼻、口、のどなどの激しい痛みや咳き込みが起こってしまったり、血液循環の悪化などの症状がでることもあります。アレルギー体質の方にとっては大変怖い物質といえます。

さらに、 PPDは発がん性物質といわれていたり、環境ホルモンとしても知られています。という事はこの物質が使われている髪の毛の染め粉を使った場合、頭皮に近い毛細血管よりこの物質が体内に入り込むときがあります。

そうした場合、まず人間の体は毒素を肝臓で溜め込む仕組みになっています。すなわち、PPDなどの有害物質が入ってきた場合、最初に影響を受ける可能性があるのが、肝臓ということになります。そして、アレルギー体質でない方も、この物質の影響を肝臓が受けている可能性は否定できません。そして、頭皮はなんと通常の他の部位に比べてバリア機能が弱いとされています。すなわち気をつけておかないとより多くの影響を体が受けてしまう場合があるのです。

白髪を染めて対処する

事務服 ベスト
事務服のベストなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!