白髪.com TOP → 白髪を染めて対処する ヘナ

ヘナ

自然派の人におすすめの髪染めです。どうしても化学物質で染めるのは髪の毛を痛めてしまったりします。さらに、年齢を重ねていくと、アレルギー体質が出てしまったりして今まで使っていた髪染めが使えなくなったりもします。アレルギー体質の人でも、化学物質でこれ以上体を痛めるのを躊躇してしまう人も、ヘナという髪染めはいかがでしょうか。

ヘナは、ミソハギ科の低木を使って染めるヘナ染めと言われる方法でです。ヘナはもともと皮膚病などのお薬として大変トリートメント効果が高い植物で、体に害はありません。このヘナを使って、ヘナに含まれるローソンという植物色素の有効成分を溶液に溶かして、酸性状態にします。すると、たんぱく質と絡み合います。この絡み合う性質を使って、髪の毛を実際染めます。

ヘナの葉を粉にして、水に溶かします。そしてそれを髪の毛に塗ると、ヘナの色素が髪の毛のタンパク質に絡み付いて、髪の毛を染める事ができます。

さらに、もともとヘナはトリートメント効果が高い植物です。髪の毛の内部に入り込んで、髪の毛のこしやはりを強くする効果があります。さらに、頭皮に付いたヘナがパックの役割を果たして、頭皮や毛穴の汚れを洗い流すこともできます。

しかし、ヘナの髪染めにはデメリットもあります。基本的に天然成分なので、染め上がるまでの時間が通常の倍以上かかる事です。そして基本は赤みが強い色ですが、人によって発色がブラウンになったり、赤くなったり、オレンジになったりしますので、自分で色を選べない事が問題です。

白髪を染めて対処する

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!