白髪.com TOP → 白髪を染めて対処する ヘアカラー

ヘアカラー

ヘアカラーは、白髪を染める方法ですが、この場合、髪の毛の中のメラニン色素を分解し、そして脱色した上で、染料を髪の内部まで浸透させる形で定着させる髪染めです。比較的触れた地肌に対しての刺激も強く、地肌が荒れてしまう人もいます。

これは永久染毛剤といわれまして、2つの液を混ぜて、髪の毛に塗布する形で使います。クリームやジェル、そして、液状のタイプがよくあります。髪の毛が長い場合は、ジェルや液状が髪に馴染みやすく、素早く染める事が可能です。自分の髪の毛にあった、用途にあった染め粉を選ぶようにしましょう。

ショートの髪の毛の方、そして根元だけのカラーは、クリームの方が、液だれがすくなく、染めたい部分だけきれいに染める事が可能です。使用する量も必要な分だけ出していけるのでおすすめです。

あまり自宅ではきれいに染めづらいため、美容院にいって染める事も多いかと思いますが、自宅でも塗り方などがうまくいくと、上手に染める事が可能ですので、挑戦してみてもいいかもしれません。髪染めを使用した場合は、シャンプーに気をつけましょう。

シャンプーはキューティクルをはがして、染料部分まで洗い流してしまうため、1日1回以上はしないようにしましょう。さらに、1〜2ヶ月色が持ちますが、アレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますので、必ずパッチテストを行うようにしてください。あまり長い時間放置したりすると、頭皮がかぶれてしまったりする場合があります。

白髪を染めて対処する