白髪.com TOP → 白髪染めの種類 ヘアパック

ヘアパック

白髪染めは何度も使用していると、髪の毛がアルカリ性に傾いて、髪の毛が痛みやすくなってしまいます。髪の毛が痛むとパサついてしまったり、枝毛や切れ毛などの問題が起こってきます。髪の毛の痛みも見た目が老けてしまう可能性がありますので、ヘアパックなどのケアを行うといいでしょう。

例えば、もともとアフターカラーのトリートメントなどが添付されている場合は、是非使ってみましょう。

リンス、コンディショナー、トリートメント、ヘアパックなどはシャンプーの後に使用するため、効果などが混同しやすいです。リンスやコンディショナーを使っているから、ヘアパックは使用しなくていいと思う方も多いと思いますが、実は違います。

リンスやコンディショナーは髪の毛の表面をコーティングする効果があります。さらにトリートメントやヘアパックなどは、髪の毛に養分を与えますので、痛んだ髪の毛を補修する方向で働きます。なので、一番いい使い方は、シャンプーしたあと、トリートメントやヘアパックで髪の毛に養分を与え、そしてリンスなどでコーティングするというのがおすすめです。

先に、コンディショナーなどを使ってしまうと、髪の毛の表面がコーティングされ、栄養分が浸透しづらくなってしまいますので、極力さきにヘアパックなどをしてから、コーティングしてください。

さらに、ヘアパックですが、地肌にはあまりつけず、髪の毛の毛先を中心につけてください。逆にヘアパックを地肌につけてしまうと、毛穴に詰まる事がありますので、気をつけてください。

白髪染めの種類

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/