白髪.com TOP → 白髪染めの種類 ドライヤー

ドライヤー

シャンプーで仕上げた髪の毛は、ドライヤーで乾かしましょう。ドライヤーの温風は高熱のため、髪の毛を傷めないためにも、あまり使わない方がいいと思われがちですが、白髪染めのあとは、逆に髪の毛がぬれたままですと、色落ちなど起こしてしまいます。むしろ、色落ちやダメージヘアの原因となりますので、しっかりとドライヤーはかけましょう。

基本的に、ドライヤーをかけないと、毛染めの後のキューティクルがけばだった状態で、髪の毛同士が絡み合うと大変危険な状態になっています。キューティクルがはがれてしまうと、枝毛切れ毛の原因となってしまいます。

そして、キューティクルで色を守っているため、開いた状態のキューティクルや、ダメージが大きいところから、色が抜けていってしまいます。そのため、白髪染めの後は、しっかり乾燥させて、キューティクルを閉めてあげることが大切です。

ドライヤーは、熱で髪の毛が痛まないように、髪の毛からしっかり離して、さらに手早く乾燥させましょう。同じ場所をしつこくあてると、ダメージになりますので、気をつけてください。さらに、マイナスイオンドライヤーを使用すると、髪の毛をケアしながら、乾燥させる事ができます。しっかりとまずはタオルで水分をとってから乾燥させると、簡素時間がさらに短縮できます。

髪の毛を染めたときは、髪の毛を傷めてしまっている可能性があるときです。しっかりと髪の毛をケアして、美しい髪を手に入れましょう。

白髪染めの種類

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi