白髪.com TOP → 白髪染めの種類 色ムラ対策

色ムラ対策

自分で染める場合、染める液がうまくのびず、色ムラになる場合があります。さらに、根元の方が先より早く染まったりすることもあって、色にムラができやすいわけです。特に初めて染める場合など、重い通りに染まらないことも多くあります。

ちょっとしたこつをつかめば、きれいに仕上げることもできますので、しっかりきれいに染められるように挑戦しましょう。

まずはブロッキングです。ブロッキングに関しては、基本的なテクニックで、髪の毛を大きなブロックにわけ、極力塗り残しなどがなくなるようにまんべんなく塗る方法です。ヘアクリップなどで、前髪などのトップ、再度を2つ、さらにうしろは4つに分ける事で、きっちりと染める事ができます。髪の毛が短い方はあまり沢山ブロッキングする必要はありません。

さらに、ラッピングします。このラッピングは、サランラップなどでくるむことをいいます。白髪染めは基本的に熱に反応して発色しますので、ラッピングしない場合は、根元に近い部分が早く染まる事になります。なので、色ムラを減らすためにも、頭全体にラップをする事をお勧めします。

染料を洗い流す前に頭部に少量のぬるま湯をうけて、乳液状になるまで、マッサージをします。これによって、頭皮についた染料がきれいに取り除けます。

さらに、色持ちなども良くなりますので、よりきれいに仕上げることが可能です。乳液状になるまでマッサージしたら、あとはシャンプーをして完了になります。

白髪染めの種類

プレラン
プレランなら医療関係者向けの製品情報サイトで!