白髪.com TOP → 白髪染めの種類 部分染めと全体染め

部分染めと全体染め

全体染めの場合は、頭皮全体を一度に染めます。そして部分染めは生え際のみ染めたり、メッシュやハイライトを入れたりします。基本的に使用する薬剤は一緒です。

一気に染められる白髪染めは、全体染めの場合、液状タイプの物が馴染みやすくておすすめです。そしてこの場合、髪の毛や頭皮に負担は大きくなります。

しかし、この全体の染め方ですと、例えば黒髪も白髪も効率よく、まんべんなく染める事ができます。そのため、頭皮などへの負担は大きいですが、この染め方をする方が多くいらっしゃいます。

しかし、部分染めの形をとる人も多くいらっしゃいます。全体染めばかりしていると、頭皮などが痛み、トラブルが起きる可能性があるからです。この場合は、部分染めがいいと思いますが、部分染めの場合は、クリームタイプの物がいいでしょう。あまり地肌などにたてる事が少なくしっかりと必要なところをカバーしてくれるからです。

さらにハイライトやメッシュなどの染め方をしていると、元々まばらなため、あまり白髪が伸びてきている事が気になりません。この染め方ならば、数週間に一度染め直さなくても、きれいな髪色を保つことが可能です。

本来ならば、全体染めをした時に、数ヶ月間をあけて体を休めてから染め直すのが理想ですが、それが難しい場合があります。それは髪の毛が数週間もすれば、はえてきて、根元が白く気になるからです。

その場合は、部分染めをして延ばしつつ、少しずつ伸びてきたら、また全体染めをするようにするのがいいでしょう。

白髪染めの種類

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/