白髪.com TOP → 白髪.comための基礎知識 髪のライフサイクル

髪のライフサイクル

髪の毛はライフサイクルがあります。ライフサイクルとは、髪の毛が生えていく時期と、その成長がとどまる時期と、そして髪の毛が抜け落ちるという時期になります。おもにこの3つのステージを経て、髪の毛は定期的にはえ変わっていっています。

髪の毛には寿命があり、一回はえたらずっとはえているわけではなく、一定の期間はえたら、抜けて生え変わります。

まずは、成長期です。毛球がどんどん大きくなり、毛髪がどんどん成長して作られていきます。そして、この成長期は性別によって違いますが、男性で3〜5年、女性では4〜6年といわれています。

そしてこれらの頭髪は、だいたい全体の85〜90%になります。頭皮はだいたい日本人の場合、焼く10〜15万本ほど、髪の毛が生えているといわれていますが、1日50本程度の抜け毛は自然な脱毛といわれています。

この次のステージで、退行期というステージがあります。この退行期では、ステージが少しずつストップし、毛球が硬くなっていく状況があります。これは成長がおわった髪の毛が、小休止している状況になります。

この期間は、全体の約1%といわれており、約2〜3週間程度あります。さらに、このステージの次に、休止期という段階があります。この時期には、成長が完全にストップしまして、脱毛をします。そして毛根が次の髪の毛のための準備期間になります。この準備期間が終わったあと、発毛がはじまります。この期間は3〜4ヶ月程度あります。そしてこの状態は約全体の10%〜15%になります。

しかし、問題は、この最後の脱毛のステージの時に、色素細胞までも髪の毛とともに失われてしまう事です。健康な頭皮であれば、色素細胞が激減しても、次の毛が生えてくるときには、再度色素細胞が準備され、無事メラニン色素がつくられるのですが、これがうまく行かないと、白髪になってしまうわけです。

白髪の基礎知識

カーテン インテリア
モンルーペジャパン