白髪.com TOP → 白髪.comための基礎知識 白髪の原因

白髪の原因

白髪とは、通常色が付いて育つ髪の毛に色素がなくなり、白い毛になっている状態をいいます。このメカニズムは、どうなっているのでしょうか。

髪の毛は皮膚から生えていますが、そこを細かく説明します。まず、皮膚の表皮といわれる一番表面の部分の下に埋まる形で、髪の毛が生えてくる工場があります。その埋まっている部分を毛根部と言います。髪の毛は頭皮の下のこの毛根部の中でも毛包と言われる場所の内部に、毛乳頭という突起があり、毛細血管で運ばれた養分を蓄えています。そして、この毛乳頭を囲んでいるのが、毛母細胞です。

この毛母細胞は毛乳頭から養分を得て、細胞分裂をして髪の毛を作っていきます。そして、それがどんどん作られる事で、上に押し上げられて、生えてくるのが髪の毛ということになります。基本的には同様なことが髪の毛だけでなく、他の毛に関しても行われています。そのため、白髪は始め髪の毛で発見されやすいですが、のちのち、他の部分の毛も白髪になってきます。

日本人ならば、だいたい黒色ですが、その他の人種をみれば金色あり、茶色あり、灰色ありの様々な色の毛が生えてきます。こうした頭髪の色に関しては、毛髪が頭皮内で作られる際に、色素細胞が作り出したメラニン色素が毛髪内に取り込まれることで決定します。すなわち、毛母細胞が作り出す毛髪はもともと白髪なわけです。それを黒く見せている色素はメラニンの働きだからです。元々黒い髪の毛を作るべき毛根から、白髪ができてくるのは、まず色素細胞の働きが、何かの原因により、弱まったりなくなったりしているからで、髪の毛を黒くするメラニン色素が作られていないからと考えられます。

白髪の基礎知識

スルガム
スルガムなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/sonota/sonota.html
金持ち父さん貧乏父さんのコンテンツ