白髪.com TOP → 白髪の原因 色素幹細胞

色素幹細胞

色素幹細胞は、色素細胞を生成することができます。色素幹細胞は、色素幹細胞を複製し、色素細胞がメラニン生成をします。

しかし、色素幹細胞が紫外線などで影響をうけると、DNAが損傷を受けて、DNAの損傷を修復できないと判断すると複製機能がなくなってしまいます。そうすると色素幹細胞自体の数がへってしまいます。そして色素細胞は、新陳代謝とともに徐々に減っていってしまいます。そうすると色素細胞がなくなって言ってしまいます。そして次々と色素細胞がなくなってしまうと、白髪が増えていきます。

そして、幹細胞の枯渇状態がおきるわけですが、この場合、早老症原因遺伝子が、幹細胞の働きを監視しています。そして通常はこの幹細胞の質を維持しようとするわけです。そして加齢とともに、この幹細胞の監視機能が失われる状態がおこり、そのため、複製のバランスが崩れてしまう状態が起こる訳です。

このような状況を起こさないためにも、まずは、頭皮を紫外線から守る事が大切です。元々頭皮は約4ミリ厚みがあって、人の皮膚である表皮と真皮では一番分厚くなっています。現在では、頭皮用のUVカット製品がないのですが、皮膚用のものを使うと、紫外線をよけることはできます。

しかし、シャンプーを念入りにしなければなりません。帽子や日傘で頭部を守る事も大切です。基本的にできれば、朝10時から14時の紫外線が一番強いので、この時間の外出をさけることもいいかもしれません。紫外線から頭皮を守って、黒々とした髪の毛を保ちましょう。

白髪の原因

ソフラチュール
ソフラチュールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://www.ngocchauseafood.com.vn/
金持ち父さんと貧乏父さん