白髪.com TOP → 白髪の原因 活性酸素

活性酸素

白髪になる原因は、頭皮の健康状態が悪いことがあるわけですが、コラーゲンの量というのが大切なファクターとなります。コラーゲンは体内で生成されていますが、年齢とともにその量が減っていきます。

そして、コラーゲンが減る原因は、活性酸素の働きが活発だからです。活性酸素が増えると自然にコラーゲンが減るということで、逆にいうと、活性酸素を減らしてあげると、コラーゲンの生成が増えるという関係にあります。

コラーゲンの生成を阻害する活性酸素の働きを弱めるためには、活性酸素を作る行為をまずやめることです。例えば夜更かしや喫煙は活性酸素を大幅に体内に増やす事になりますので、コラーゲンの生成が大幅に阻害されてしまうことになります。

さらに、食物では、ビタミンCやビタミンEが効果的に働くといわれています。そして、ビタミンに関しては、食生活の中から取り入れることができます。このような栄養素を含む食品を探して探していくことが大切です。

ビタミンCは、野菜や果物に多く含まれており、ビタミンEは、うなぎなどに多く含まれています。頭皮の健康はビタミン類が大切です。頭皮が健康になることが何より大切なことで、実際白髪対策にもここが基本になります。そして頭皮が健康になれば、頭皮の血行も良くなり、毛髪の成長も良くなるといわれています。毛髪の成長には、さらにマグネシウムが必要となりますし、さらに、タンパク質が必要になります。このような栄養素をしっかりとバランスよく摂取することが、白髪予防になります。

白髪の原因

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/