白髪.com TOP → 白髪の原因 白髪が生える理由

白髪が生える理由

年齢とともに白髪は増えてくる事が多いですが、人によってその増え方などがかなりばらつきがあります。高齢になって、白髪が増える方もいらっしゃいますし、黒髪のままふさふさする方もいらっしゃいますし、薄毛になっていく方もいらっしゃいます。俗説では、白髪になる人はあまり薄毛にならないとも言われています。これは俗説ですので、必ずしも白髪が多いから薄げにならない訳でもありません。

髪の毛の黒い原因は、色素細胞が作り出す色素ですが、メラニン色素が白い髪の毛を黒く見せていると言えるでしょう。しかし、白髪が生えるということは、髪の毛の生成はされているけれど、色素が正しくつかないということになります。

色素が完全に付かなくなった場合は、白髪になりますし、色素細胞の働きが悪い場合は、髪の毛の色に変化がでてきます。

色素細胞がの働きが悪くなる理由は、何があるでしょうか。

例えば、この色素細胞の働きが悪くなる理由に関しては、まだ原因がはっきりしていません。例えば、遺伝的に年齢とともに色素細胞が弱ってくるためと考えられます。年齢とともに体の働きが変わってくるため、すこしずつ色素細胞が働かなくなってきているからです。女性の場合は、更年期障害も関連があるといわれています。

女性の場合は、特に更年期障害をすぎたあたりから、白髪が増えてくるといわれていて、この程度はひとそれぞれになります。個人によっての差は非常に多くありますので、どうしても気になる方は、髪染めで染めていくことをおすすめします。

白髪の原因