白髪.com TOP

白髪.comへようこそ!

白髪.com

白髪.comでは白髪に悩んでいる方の気になること、知りたいことについてさまざまな情報を掲載しています。

人の髪の毛の色はユーメラニンとフェオメラニンという物質の着色状態で決まります。ユーメラニンが多いと色が濃くなり、フェオメラニンが多いと赤っぽくなる。民族や地域によって様々な違いがあります。主な人種は、モンゴロイド、ネグロイド、オーストラロイド、コーカソイドの4代人種に分けられています。フェオメラニンは科学的に安定しており、髪の毛が酸化されたりした場合は、ユーメラニンから壊れます。

そして髪の毛の脱色をすると、まず赤い色素が残るのも同じ理由です。さらに、フェオメラニンが破壊されると、オレンジ色になって徐々に黄色に変化していきます。そして、いよいよ通常は、生まれつきの色から灰色に変化し、そして白色になっていきます。この白色に変化していく時期や量に関しては、遺伝によるものが大きいといわれています。さらに、多くの人が自分の白髪の量を少なくみせるために、洗髪料を使っています。

加齢による髪の毛の色の変化は、毛根でメラニンが作られなくなっても、髪の毛の生産がされるため、髪の毛が自然に白いまま伸びる事になります。

白髪になることを抑えるサプリメントとかを研究しようとされていますが、なかなか有効な手段とはまだなっていません。そして、喫煙が早期の白髪の原因となる可能性があることも発見されています。喫煙者は焼く倍の確率で、若年期に白髪が発生することが発見されています。

さらに、白髪に関しては、先天性白皮症の人は、銀髪か金髪で、非常に色素が薄くなっています。これは、メラニンを作る遺伝子の欠落から、全身にメラニンが欠乏している状態からなります。この病気だけでなく、他にも様々な病気があります。

もっと原始的な問題としては、栄養失調があります。もし栄養失調になった場合は、髪の毛が薄くなってしまったりします。そして現代では色々な病気と白髪の関係が発見されてきています。このサイトでは、白髪にまつわる色々な情報を提供していきたいと思います。